ドラマ『奥様は取り扱い注意』第8話あらすじと感想ちょっとネタバレ

ドラマ『奥様は取り扱い注意』第8話あらすじと感想ちょっとネタバレ

ドラマ『奥様は取り扱い注意』第8話あらすじ、ちょっとネタバレ

 

佐藤京子(本田翼)は旦那の渉(中尾明慶)の不倫を疑っている。
渉は残業して帰ってくると必ずご機嫌なのだ。
また、義母の良枝(銀粉蝶)は渉の浮気に気づいているようだった。

 

 

京子は伊佐山菜美(綾瀬はるか)と大原優里(広末涼子)とおしゃべりをしている。
前に旦那が不倫しているかもしれないといったが、あれは気のせいだと京子はいった。
優里はよかったねといったが菜美は何か感づいている。

 

優里が、三浦さんのところのパーティどうする?と聞いた。

 

三浦は同じ町内に住んでいる大物の政治家だった。
何年か前、贈収賄事件の疑いをかけられ世間を騒がせた。
なぜなら、内部告発者と疑われた女性が自殺したからだ。

 

三人は三浦夫妻の開催するホームパーティに参加することにした。
パーティの参加者をみると、ほとんどが三浦の後援者だった。
料理もいまいちで気の乗らない三人だった。

 

ふと招待客をみていると坂崎藍子(笛木優子)が三浦夫婦をにらみつけていた。
藍子はトイレに行ってくると席をたった。

 

三人は興覚めでパーティから帰ろうとする。
帰ろうとしていると2階から降りてきた藍子と出くわした。
藍子はトイレの場所がわからなくてと言った。
京子すぐそこにありますよと答える。

 

 

菜美が買い物から帰ってくると、近所の家の前にパトカーが止まっており、人だかりができている。
空き巣が入ったらしい。
今月に入って2件目だった。

 

菜美と勇輝が夕食を食べている。
今日は何をしていたなど会話をしているが、菜美は勇輝の笑顔に嘘を感じ取っていた。

 

京子の家。
渉が今度一緒に買い物に行こうと京子を誘った。
喜んでいた京子。
渉はシングルベッドを買いたいと言う。。
それを聞いた京子は渉への疑念を深めるのだった。

 

そして、優里の家。
優里は啓輔(石黒賢)とうまくいっていない。
自宅の防犯を強化したいと優里を取り合わない啓輔。
優里は私や啓吾(川口和空)のことが心配じゃないのねとつぶやきながら部屋を出た。

 

優里の携帯には合コンで連絡先を交換した安西(小関裕太)からメッセージ付き動画が送られてきていた。
近々会いたいいうメッセージに優里は、コーヒーぐらいならと返事をしたのだった。

 

次の日。
勇輝が出勤すると、菜美は変装して見つからないようにして後をつけた。
勇輝が出社する様子を見守り、勇輝の嘘は会社が原因ではないようだと思い、ほかの理由を考える菜美だった。

 

 

優里は安西の待っている喫茶店に来ていた。
安西は優里への行為を伝えた。
優里は結婚していてこどももいると答える。
安西は人生をやりなおしたくなったら自分のことを思い出してほしい、少しでもいいので会いたいと言うのだった。

 

 

勇輝と菜美が防犯グッズを買いに手をつないで出かけている。
ふたりが出かけたのを確認して男は菜美の家に侵入した。
勇輝が財布を忘れたといい、菜美をまたせ一人で家にとりに帰った。
空き巣に入っていた男と勇輝が鉢合わせになってしまった。

 

男が勇輝にパンチを繰り出すが勇輝がすばやくガードした。
男は一瞬おどろいた表情をみせた。
しかし、男はもう一発パンチをして、そのすきに逃げたのだった。

 

勇輝は菜美に電話をし、警察を呼んだ。

 

頭に軽いけがをしただけですんだ。

 

京子と優里が騒ぎを聞きつけやってきた。
勇輝は犯人の様子をまるで殺し屋みたいな殺気だったと言った。
この空き巣は金品を盗っていないのだった。

 

菜美が空き巣に入られた家の共通点はなんだろうというと、京子がひらめいた。
三浦さんのパーティに来ていた家ばかりが空き巣に入られていると。

 

 

菜美は藍子の家にきている。
菜美は嘘をつかず、正直に話してくれたら助けてあげるというと藍子が事情を話し始めた。

 

 

藍子は三浦の家に興味本位でベッドルームに盗聴器を仕掛けたと話す。
盗聴器で聞いていると、三浦が贈収賄について電話しているのを聞いてしまったのだった。

 

三浦が、プロを使って空き巣を装って盗聴器の受信機を探させていたのだ。
藍子は以前の内部告発者のように自分が殺されてしまうのではないかと恐怖していた。

 

 

菜美は、三浦の家にいき、藍子がトイレを借りるふりをして2階に行っていたと伝えた。
藍子が盗聴器を仕込んだとにおわせたのだった。

 

 

三浦があの男に電話で盗聴器をしかけた犯人が分かったから仕置きをしてくれと依頼していた。
藍子の夫の会社がうまくいっていないから思い悩んで自殺したってことにすればいいのだと妻に説明した。

 

 

翌日。
男が藍子の家にやってきた。
ドアを開けると菜美が待ち構えていた。
男が襲い掛かってくるが、菜美は応戦する。
激しくぶつかりあう。
菜美はどうにか男を気絶させることができた。

 

菜美はこの男を藍子がうまく撃退したと警察に証言するようにいい、三浦にも普通に対応するように命令した。
藍子は菜美に三浦の会話が録音されたデータの入っているUSBを渡した。

 

 

菜美と勇輝が夕食を食べている。
菜美は勇輝になぜ自分を結婚相手として選んだのかときいた。
勇輝は菜美をはじめてみたとき、正しい人だと感じたのだという。
それを聞いた菜美は決心した。
菜美はかつての仕事仲間の小雪(西尾まり)に依頼して、三浦の贈収賄の証拠をネットに流させたのだった。

 

そして、優里は夫以外の愛情を受け入れる決心、京子は夫の不実に立ち向かう決心をしたのだった。

 

 

ドラマ『奥様は取り扱い注意第8話』感想

 

今回の菜美のアクションシーンはなかなかかっこよかったですね。

 

勇輝もどうやらプロの殺し屋とやりあえるくらい強いことがわかりました。
前作から考えると仕事は公安ですかね(;^ω^)

 

優里もどんどんやばい方向に行ってますね。
次週あたりで優里が事件に完全に巻き込まれそうですね。

 

続きが気になります。

 

奥様は取り扱い注意の第1話からみることができます!

奥様は取り扱い注意!