ドラマ『コウノドリ』第2話 あらすじと感想、ちょっとネタバレ

ドラマ『コウノドリ』第2話 あらすじと感想、ちょっとネタバレ

ドラマ『コウノドリ』第2話 あらすじとちょっとネタバレ

 

久保佐和子(土村芳)は妊婦検診に来ている。
主治医はサクラ(綾野剛)。

 

サクラは佐和子に前回の検査の結果を伝えた。
「子宮頸部腺がんがみつかりました」

 

混乱する佐和子は
「わたしはどうしたらいいんですか?」
とサクラにきいた。

 

サクラは、ガンを切除し検査を行い、その結果で妊娠を継続するかどうかを判断することになると説明した。

 

 

佐野彩加(高橋メアリージュン)が検診に来ている。
四宮春樹(星野源)が産後どうかと質問するが、彩加は大丈夫ですと答える。
すべての質問に。

 

 

佐和子の検査結果ではガンはかなり進行していた。
このまま出産が終わるまで待つのは無理だということだった。

 

サクラは、赤ちゃんをあきらめるという選択肢もあると言う。
夫の慎吾(福士誠治)はサクラに赤ちゃんを諦めれば妻は助かるのかと聞いた。
サクラは、その可能性は高いと答えたが、子宮を全部摘出するので、今後妊娠はできなくなると説明した。
沙和子は諦めるなんてできませんとな木ながら訴えた。

 

慎吾は佐和子を助けたいため、子どもを諦めてもいいとと佐和子に伝えた。

 

 

佐和子について院内カンファレンスが始まった。
下屋加江(松岡茉優)が佐和子が妊娠継続を望んでいると言う。

 

新生児科部長の今橋貴之(大森南朋)は何週で産ませるのかと聞く。
サクラは28週で産ませるという。
四宮は早すぎるといい32週と主張する。
佐和子夫婦と話し合って決めることになった。

 

 

佐和子夫婦は決めかねていた。

 

NICUを見学しないかといわれ、佐和子夫婦はNICUにきていた。
そこには26週700グラムでうまれた雄平と母親のいづみ(柊瑠美)がいた。

 

小さく生んでしまい後悔ばかりしていたといういづみ。
でも、今は一生懸命生きようとしている息子をみていとおしくてしょうがないのだと話した。

 

慎吾はいづみの姿に勇気づけられ28週で産んだら大変なこともあるだろうけど、二人で頑張ればという。
しかし、佐和子は28週で産んでも自分が死ぬかもしれないから、可能な限りお腹の中で育てたいと。
慎吾は、この子は佐和子と俺の子。一緒に生きたいと訴え、佐和子は28週で産むことを決意した。

 

 

彩加と赤ちゃんが産科での最後の検診日。
助産師の小松留美子(吉田羊)が彩加に産後うつの問診票を記入するよう促す。
彩加は大丈夫と断ろうとしたので、留美子は深く考えずに書いてと笑顔でもう一度お願いした。

 

 

佐和子は留美子に産後抗がん剤を使用する前に授乳がしたいとお願いした。

 

そして、佐和子の帝王切開。
サクラが赤ちゃんを取り出す。
そして新生児科の医師が受け取り素早く処置を行う。

 

サクラと下屋は佐和子の子宮の全摘出手術にとりかかった。
佐和子は、私はガンに負けない、絶対にあの子を育てます!と。

 

 

NICUで佐和子の赤ちゃんの状態は落ち着いている。
佐和子が赤ちゃんと対面している。
今橋は、赤ちゃんがちゃんと生きていくために、この誕生日を選んだんです。改めて、誕生日おめでとうございますといった。

 

そして、佐和子の検査結果がでて、ガンは転移していないことがわかった。

 

 

その夜、彩加の赤ちゃんのが病院の廊下にベビーカーに乗せられて放置されている。
彩加は病院の屋上の柵のところに立っている…

 

サクラが屋上に駆け付けた!!

 

 

ドラマ『コウノドリ』第2話 感想

 

自分のガンと赤ちゃんどっちを優先させるか。
わたしだったらどうするかなと考えてしまいました。

 

赤ちゃんが誕生日を選んだっていう今橋の言葉はなんか感動しました。

 

彩加がだんだんやばい状況になってきているみたいですね。
どうにか助けてあげてほしいです。

 

 

 

「コウノドリ」前シリーズはこちらから見れます。