ドラマ『奥様は取り扱い注意』第9話あらすじと感想、ちょっとネタバレ

ドラマ『奥様は取り扱い注意』第9話あらすじと感想、ちょっとネタバレ

ドラマ『奥様は取り扱い注意』第9話あらすじ、ちょっとネタバレ

 

「なぜこの人と結婚してしまったのだろう」
優里(広末涼子)は夫の啓輔(石黒賢)の寝顔を見ながら考えている。
夫との生活の息苦しさを言い訳にしてはいけないと分かっていつつ、安西(小関裕太)と会うことを辞められない。

 

 

優里が自宅に帰っていると、近所の家の主婦の浦辺とあった。
挨拶を交わしたが何か様子がおかしかった。

 

そして、帰宅した浦辺は、「ごめんなさい」と一言書き残し、自殺した。

 

 

菜美(綾瀬はるか)と優里、京子(本田翼)は通夜にでて一緒に帰っている。
病死と聞いていたが、京子は噂では自殺だったらしいという。

 

 

菜美が帰宅すると、夫の勇輝(西島秀俊)が一緒にドイツに来てほしいと突然言い出した。
会社が儲かっており、ドイツに支社をだすことになった。
その会社を勇輝に任すことになったという。
出発は一か月後。
菜美は考えさせてほしいと答えた。

 

 

優里がぼーっとしている。
啓輔がどうしたのかというと、浦辺さん、孤独だったのかなとつぶやくいと。
それを聞いた啓輔は夫もこどももいてどうして孤独なのかと優里の言うことを理解してくれない。
優里は一緒にいたとしても分かり合えなければ意味がない、あなたは努力してくれないの?と聞いた。
すると、啓輔は、「君はいつまでたっても子どもだな、求めるばかりで与えようとしない」と、「本気で言ってるの?」と優里は涙ぐんだ。

 

 

菜美は、小雪(西尾まり)ところに来ている。
ある人物を調べてほしいと、勇輝の戸籍を出した。

 

 

とあるホテルでは、横溝(玉山鉄二)が主婦っぽい女性にホテルの部屋番号を言う。
部屋にいきチャイムをならすと、男がでてきた。
もうひとり女性がやってきて、その隣のへやのチャイムを押す。
男性が女性を向かい入れる…。

 

 

京子は、残業をするという夫の渉(中尾明慶)を尾行する決意をした。
渉が喫茶店で座って携帯を見ている。
京子は、何してるのとわざとラインを送ってみる。
渉はめんどくさそうな顔をして、仕事していると返信してきた。

 

そうこうしているうちに、女性がやってきて、渉に合図する。
そして、女性と腕を組んで、ラブホテルに入っていってしまった。

 

 

菜美の携帯に小雪が電話をかけてきた。
勇輝、間違いなく堅気の人間だと報告してきた。

 

 

小雪が電話を切り、うしろを振り向き「これでいいんでしょう?」と言った。
そこにいたのは勇輝だった…。

 

 

 

京子が菜美と優里を誘い話をしている。
京子は渉の浮気が浮気していたと話した。
渉の浮気現場を自分の目で確認して、自分が渉の笑顔を誰にも盗られたくないと思っていることに気づいたという。

 

 

その夜、京子は明日も残業だから晩御飯いらないという夫に、「もう残業はやめて」と切り出した。
渉は、そんな京子をとりあわず部屋から出ていこうとした。

 

するとドアを外には姑の良枝(銀粉蝶)がいた。
そして、良枝は渉に座るように言い、今「すぐにでていきなさい、この家の主として、一人の男としてこの子の思いにこたえる覚悟ができたら戻ってきなさい」といいはなった。
渉はわかったとだけいいでていったのだった。

 

優里は安西の待つイタリアンレストランの個室にきた。
安西は、本当にきれいですねと優里にキスしようとするが、優里は押しのけもう会えないんだと言った。
しかし、安西は優里をテーブルの上に押し倒し、「好きです」という。
優里は抗うことができず、安西のキスを受け入れてしまった。

 

 

勇輝の仕事場では部下がはいってきて、勇輝に例の案件はどうなっていますか?と聞く。
勇輝は問題ないと答えた。
パソコンの画面には、寝室で菜美が洋服を片付けている姿が写っていた。
勇輝は菜美を監視していた。

 

 

優里が啓輔と啓吾(川口和空)と食事をしている。
突然、啓輔がクリスマスに合わせて旅行でもするか?と言い出した。
啓輔は努力してほしいんだろ?と恥ずかしそうに言うが、優里は複雑な表情だった。

 

 

その晩、優里は夫への罪悪感、京子は夫が不在への悲しみ、菜美は夫への猜疑心、三人が眠れぬ夜を過ごした。
そして次の日、三人は何事もなかったかのように集まり食事をした。

 

そして、これが三人にとっての最後のランチ会になるのだった。

 

 

優里は安西を呼びだし喫茶店にきている。
安西が現れたと思ったら、突然、横溝とその部下の男たちが現れた。
横溝は昨日の優里と安西の姿を撮影していたという。
ばらされたくなかったらお金を払えと脅してきた。
専業主婦でお金がないことをいうと、横溝は優里の旦那とこどものこともすべて把握している。
優里には体を売ればいいと言ってきたのだった。

 

 

小雪に女の子が女の人に頼まれたとメモを渡してきた。
それを呼んだ小雪は着替えて、ある店のトイレにきている。

 

そこには菜美がいた。
「わたしにはなさなきゃいけないことがあるでしょう?」

 

 

ドラマ『奥様は取り扱い注意』第9話感想

 

とうとう三人の主婦が自分の問題に向き合う時が来ましたね。

 

出て行った渉が帰ってくるのか気になります。

 

優里の問題は菜美が横溝たちを蹴散らして解決するのでしょうか?

 

勇輝は結局何者なんでしょうね。
菜美が某国家の工作員だったことに関係があると思うのですが、なぜ菜美と結婚したんでしょうか?
来週にはその謎がとけそうで楽しみです。

 

奥様は取り扱い注意の第1話からみることができます!

奥様は取り扱い注意!