ドラマ『民衆の敵』第7話あらすじと感想、ちょっとネタバレ

ドラマ『民衆の敵』第7話あらすじと感想、ちょっとネタバレ

ドラマ『民衆の敵』第7話あらすじとちょっとネタバレ

 

テレビ番組で佐藤智子(篠原涼子)の特集が組まれている。
智子は福祉政策に積極的に取り組み自らいろいろなイベントにも参加している。
市民からの人気もうなぎ上りで、あおば市に住みたいという人も増えているらしい。

 

智子の家では夫、公平(田中圭)とこどもたち、そして平田和美(石田ゆり子)がその番組を見ていた。
和美の表情は険しいものだった。

 

そうしていると智子が帰宅。
息子の駿平(鳥越壮真)が「ママかっこよかった」と言い、和美の娘あかね(野澤しおり)も「きれいだった」と智子に言う。
和美は少し嫌味な感じで「支持率が上がれば多少強引なこともできるよね」と言い、智子はぶっきらぼうに「そんなつもりないから」と答えた。
そして、雰囲気の悪いまま、和美はあかねと帰宅した。

 

 

藤堂誠(高橋一生)が公園である私立中学の制服を着た少年と出会った。
藤堂が話かけると少年は友達と同じ校区の中学校にいきたかったという。
すると、藤堂は「ぼくも」と答えた。

 

その少年がヤンキーたちから「来いよ」と声をかけられた。
藤堂はぼくが話してくると席をたった。

 

 

和美は、あおば市ニューポート建設の開発委員会議事録をみている。
中はほとんど読めるところがなく、黒く塗りつぶされていた。

 

 

市長室に藤堂がやってきた。
藤堂は非行にはしってしまった子供を立ち直らせたり、こどもたちの悩みや相談を聞けるシステムをつくるための資料をもってきた。
市長室を出たところで、秘書の富田恭一(渡辺いっけい)がドアに耳をあてて聞いていた。

 

 

車に乗りこむ犬崎(古田新太)に和美が声をかけた。
ニューポート建設について情報開示するつもりがないんじゃないのかと犬崎に話を聞こうとした。
犬崎は質問を適当にかわし車に乗り込んだ。
和美は秘書の若宮寛(若旦那)に予定があると質問を遮られてしまった。
犬崎は、秘書に和美を調べておくよう命じた。

 

 

ニューポート建設予定地では反対運動をしている住民が工事に来た職員を近づけないようにしている。
それを聞いた犬崎は強制的に排除しろと命じた。
「俺がやるんじゃねぇ、市長がやるんだよ」と犬崎はつぶやいた。

 

 

市長になって智子は帰宅時間が遅い日が増えていた。
駿平と会えない日が続いている。
智子が「良くないなぁ」とつぶやいていると、公平がきて、「和美さんのこと避けてる?」と智子に聞いてきた。
仕事が忙しくてすれ違っているだけだと智子は答えた。

 

 

翌日、智子は市民との懇親会に来ている。

 

そのころ、ニューポート建設予定地では工事を邪魔している住人たちの強制排除が行われていた。

 

智子が帰ろうとすると、秘書の富田はマスコミが何か言っても返事しないよう言ってきた。
何がなんだかわからない智子にマスコミが責め立ててくる。

 

市長室にもどりテレビをつけてはじめて智子は何が起こっていたのかを知った。
市長室に犬崎が入ってきた。
文句を言おうとした智子に、犬崎は「あんたはあんたの好きなことをやらせてやっている、この件には口出しするな」と言ったのだった。

 

 

智子が新人研修室に「助けて」と逃げ込む。
そこには藤堂と園田龍太郎(トレンディーエンジェル斎藤司)、岡本遼(千葉雄大)、小出未亜(前田敦子)がいた。
富田が追いかけてきて、市長が議員の部屋に来て何をしているのか、議員を巻き込むことになるのでやめてくださいと智子を連れ出した。

 

 

そのあと、藤堂が飲みませんかと酒をもって市長室にやってきた。
智子はニューポート計画を止めたいと言うが、藤堂は一度認めたことを取り消すことは市長としてやってはいけないと言った。
ニューポート計画自体には賛成しているが、やり方が許せないと智子がいうと、藤堂が、やり方を変えればいいだけだとアドバイスした。

 

 

自宅に帰った智子はあまりしゃべらない。
公平が、和美さんに相談してきなよと智子に声をかけた。

 

 

智子は和美の家にいき、和美にあやまった。
和美がニューポート建設についての資料を大量に持ってきてくれた。
ニューポート建設予定地のあたりは住民が立ち退きして過疎化している。
犬崎の言っている経済効果があるのか甚だ疑問だという和美。
智子は、それを聞いて何かを決心したのだった。

 

 

市長室で待機している智子に「準備完了」とラインメッセージがはいる。
それを見た智子はトイレに行くふりをして市長室から抜け出した。
そして、市役所の前に待機していた和美と合流し保育園にむかった。

 

そのころ、ママ友の一人がマスコミに市長が記者会見をするとメールを送った。

 

保育園の入り口でママ友たちが待機している。
富田と若宮を中にいれないように押し問答していると無理やり入ろうとする富田たちをマスコミが撮影しようとする。
二人は退散した。

 

記者会見が始まった。
智子は謝罪し、ニューポート建設についてはもう一度考え直すといった。
マスコミたちは、どういうことか、犬崎の操り人形だったのかと次々と質問してくる。

 

黙って聞いていた智子が、意を決して
「副市長、秘書、すべてのスタッフを解任いたします!」
と宣言した。

 

 

ドラマ『民衆の敵』第7話感想

 

智子が大暴れしだしましたね。
犬崎の手の内で転がされていた智子ですが、逆転することができるのか気になりますね。

 

藤堂も何かおもうところがあるみたいですね。
初めて自分から提案をしてきた気がします。

 

これから智子と犬崎の戦いが始まるのでしょうか。
続きが気になりますね〜。

 

見逃した人はFODでみれますよ

FODプレミアム(31日間無料)新規入会