ドラマ『99.9シーズン2』第2話あらすじと感想、ちょっとネタバレ

ドラマ『99.9シーズン2』第2話あらすじと感想、ちょっとネタバレ

ドラマ『99.9シーズン2』第2話あらすじとちょっとネタバレ

鏑木美里(織田梨沙)の妹の鏑木美由紀(野々すみ花)から、事件現場に落ちていたという水晶のキーホルダを返された深山大翔(松本潤)。
深山には見覚えがなく、真犯人のものだと確信したのだった。

 

班目晴彦(岸部一徳)から尾崎舞子(木村文乃)は正式に班目法律事務所で働かないかと話を持ち掛けた。
しかし、舞子は法廷には戻る気がないと断った。
班目は去る前にお願いしたいことがあると言った。

 

そのころ、深山は金沢地方検察庁からでてきた丸川貴久(青木崇高)に声をかけた。

 

舞子はパラリーガルの明石達也(片桐仁)に事件について説明を受けた。

 

26年前。
大介は仕入れの帰り道に雨の中立ち往生していた被害者の美里を見つけた。
当時美里は高校生だった。
大介は警察の取り調べで美里をコンビニにおろしたと説明していた。
犯行時刻であった21時すぎに帰宅したのを証言したのが妻であり、アリバイとして認められなかった。

 

美里の捜索願は翌日出されていた。
母親がシングルマザーであり、仕事から深夜に帰宅したため美里がいなかったことに気づかなかったのだという。

 

大介が容疑者としてあがり、大介の目撃証言がでたが検察が犯行時刻の幅をひろげてきたため、大介のアリバイはないということになってしまったのだった。

 

 

深山はキーホルダーを丸川にみせて、捜査の協力を頼んだ。

 

金沢に明石と舞子も到着した。

 

旅館では、深山が舞子たちがもってきた事件の資料を壁に張り付けていた。
深山がキーホルダーをとりだし、舞子はパラリーガルの中塚美麗(馬場園梓)に調べてもらうと写真をとってメールを送った。

 

キーホルダーは美里のそばにおちていたが、水たまりの中に落ちていたため指紋がみつからなかったと丸川が説明した。

 

そして、丸川が大介にとって不利な証拠があるといいだした。
被害者がコンビニに立ち寄っていた事実がないというのだ。

 

証拠となったのは被害者の指紋のついた傘だけだった。

 

大友修一(奥田英二)に検事の内田が丸川が事件についてかぎまわっていると報告してきた。

 

 

コンビニがあった場所には役所ができていた。
当時の店長がみつかった。
深山は店内に人がいたか聞いた。
ひとがいたため美里が店に入らなかった。
そのためにコンビニに立ち寄っていないということになったのではないかと思っていた。
もしそうなら大介の証言は成立すると考えていたが、店内には客はいなかったということだった。

 

深山は舞子に美由紀のところにいって話を聞いてほしいと頼んだ。

 

舞子は美由紀のところにきていた。
姉が誰かに付きまとわれていると言っていたと話し出した。
事件の数か月前から付きまといや自宅に無言電話がかかってきたりしていたと美由紀は話した。
警察にも話したというが、裁判記録には残っていなかった。

 

深山と舞子は金沢県警の三宅宏之(小倉一郎)に会いに来た。
三宅は当時交番の警官だった。
深山は三宅にキーホルダーをみせた。
三宅の表情が一瞬変わる。

 

美由紀の証言にあった付きまといについては上に報告しなかったのかと深山は聞いた。
三宅は報告したという。
裁判に出てこなかった理由を聞いたが、検察の意思なので、警官の自分には知る由もないと答えた。

 

 

佐田が深山たちのいる旅館にやってきた。
そして証拠のキーホルダーが佐田の娘のかすみがもっているものと同じことがわかった。
有名な縁結びの神社のお守りで彼氏にもらったというかすみ。

 

美里の第一発見者は三宅と小倉(薬丸翔)だった。
深山は、「三宅さんが犯人の可能性がでてくる」とつぶやいた。

 

 

深山たちはキーホルダーが売られているという神社に向かうことにした。
その神社は山頂にある。
26年前にはケーブルカーはなかったので、徒歩でのぼる深山たち。

 

そして山頂に到着した。
お守りが売られていたのを見つけたのだった。
入山記録があり、持ち帰ることになった。

 

大友が誰かと電話をしていた。
「そっか、すでに死亡しているのか、手間とらせたね」と電話をきる。
そこに班目が現れる。
大友に深山が父親の事件のことで金沢に行っていると話し出した。
大友は「それを聞いて私が圧力をかけるとでも?」と不敵な笑みを浮かべる。
班目は深山が真実を見つけたときは誰にも邪魔されてはいけないんだ、全力で深山を守ると大友に宣言したのだった。

 

 

深山たちは数年分の入山記録を確認していた。
そして何かを発見した深山。

 

深山は大友のところに来ていた。
「傘についてお聞きします。傘に付いた指紋は誰のものだったんですか?」
大友は大介と美里のものだけだったと答えた。
しかし深山は第一発見者の警察官の指紋があったと記録にあるんですが、と大友に迫る。
大友は昔のことで記憶にないと言う。

 

「美里さんがつきまとわれていたことは知っていましたか?」
大友はコンビニには客はいなかったと言うと、検察に有利な証言は覚えているんですねと舞子が反論する。
その通り客はいなかったが巡回中の警察官がいたことがわかっていたのだ。

 

「その警察官と顔を合わせたくなかったからコンビニに入らなかった」のだと深山がいうと、大友はただの憶測と否定する。

 

そして入山記録のことを持ち出した。
入山記録には三宅さんと同じ交番勤めの小倉学さんの名前があったのだ。

 

 

佐田と深山は大友に会う前に三宅に会いに来ていた。
三宅は小倉がキーホルダーのお守りを持っていたことを覚えていた。

 

小倉は美里を発見したとき証拠品の傘を素手で触った。
三宅はその時、付きまとっていたという男がいたという証言を思い出し、小倉のことを怪しみだした。
大友に相談したが、小倉が白だったらどうするんだ、もし自分たちが間違えているとしたらそれを判断するのは裁判官だと取り合わなかった。

 

 

事件のあった日、コンビニの前で大介の車から降りた美里を小倉が見つける。
逃げる美里をおいかけ、縁結びのお守りを渡そうとするが拒否され、持っていた傘で暴れた。
かっとなった小倉は、美里を殺してしまった。
そのとき自分の指紋が傘にのこってしまったことに気づいた小倉は遺体発見時に素手で傘を握って証拠を隠滅したのだった。

 

そして現在海外で暮らしているという情報を仕入れていた佐田は、海外にいるせいで時効が成立していない可能性があるといい、小倉の行方を追うと言った。
すると、大友が小倉はすでに亡くなっていると言い出した。
深山は小倉さんのこと調べてたんですね、どうしてですか?と問い詰めるが、大友は何も答えることはできなかった。
深山は部屋を出て行った。

 

 

深山は丸川に報告にきていた。
大友が最後まで自分の間違いを認めなかったことを残念がった。
そして深山に深く頭をさげた。

 

深山は美由紀の家に来ていた。
三宅からも手紙がきて本当のことがわかったという美由紀。

 

大介の墓参りにきていた深山に班目が声をかけた。
大友が辞職したといい、あいつなりにけじめをつけたってことかなと言った。

 

 

ドラマ『99.9シーズン2』第2話感想

 

深山のお父さんの事件がやっと解決しましたね。

 

無罪のひとがこんな簡単に有罪にされてしまうのかと、ちょっと怖くなりました。

 

三宅がもう少し早く気づいていれば、大友が裁判官にまかせてしまわなければ、といろいろ考えてしまいます。

 

深山が真相がわかり少しは気持ちが晴れていればいいのですが。

 

ドラマ『99.9』シーズン1はここから