コウノドリ第1話 あらすじと感想〜サクラが帰ってきた〜

コウノドリ第1話 あらすじと感想〜サクラが帰ってきた〜

2015年秋ドラマとして放送された「コウノドリ」がとうとう帰ってきましたね!
コウノドリの舞台は、産婦人科。

 

さまざまな問題を抱えた妊婦や胎児、新生児、そしてその家族に全力で向かい合う綾野剛演じる鴻鳥サクラ(綾野剛)とスタッフたち。
生命の誕生の織り成す奇跡が描かれています。

 

 

ちょっとだけおさらい

 

サクラは生まれたときに母親が亡くなったため、施設で育った。また、人気ピアニスト、BABYという裏の顔も持っています。
四宮春樹(星野源)は同期入局のライバル。冷静沈着で、かつて自分の担当したお産で母親が死亡し産まれた子供が数年植物状態を経て死亡するという経験があり、患者の気持ちよりも命を優先すべきであるという信念をもっている。

 

 

前シリーズはこちらから見れます

 

 

あれから2年の時が経ち、ペルソナ総合医療センターの産婦人科医としてベテランの域に入った鴻鳥サクラ。
かつての恩師である荻島勝秀(佐々木蔵之介)がいる離島の病院へ行く。
とある小学校の音楽室でこどもたちにピアノを聞かせるサクラ。
すると、担任のユリ(安藤倫子)が腹部をおさえ倒れる。

 

ユリは妊娠性高血圧症を患っており、早めに本土にわたって出産することになった。
ヘリの搬送をまっていたが、未検診で早産の危険がある妊婦がやってくる。
その妊婦を先に運ぶことになり、ユリは手術の設備のない島の病院で帝王切開を行うことになる。

 

「赤ちゃん、産まれます!」
サクラと萩島が取り出す。
「泣かない?!」
赤ちゃんが産声をあげなかった…
どうなってしまうのか?!

 

 

一方、研修医だった下屋(松岡茉優)と新生児科の白川(坂口健太郎)もそれぞれ専門医となりペルソナで精力的に働いている。

 

離島から帰ってきたサクラは助産師の小松(吉田羊)と耳が聞こえない妊婦の早見マナ(志田未来)を診察する。
夫の健治(泉澤祐希)も付き添いで来ていたが、健治も耳が聞こえないのだった。
サクラは、ふたりとホワイトボートを使い筆談で検診を行うことにした。

 

 

一方、産婦人科医・四宮(星野源)は早く仕事に復帰したいキャリアウーマンの妊婦、佐野彩加(高橋メアリージュン)を診察する。
予定通りに生まれるのか聞いてくる彩加に耳を貸さず、丹念にエコーをかける四宮。
診断の結果、彩加の赤ちゃんは“心室中隔欠損”と呼ばれる心臓に小さな穴が開く疾患にかかっている事が分かる。
激しく動揺する彩加に周産期センター長の今橋(大森南朋)も加わり、慎重に彩加と夫の康孝(ナオトインティライミ)に伝える。
彩加は、病気をもっていることで保育園の入所に問題があるのではと心配する。
彩加は早く仕事に復帰したい気持ちと病気の赤ちゃん。
2つの不安に挟まれているのだった。

 

 

さらにマナも出産を前に、サクラにある不安を打ち明ける…。
「怖い、産んだ後、怖い。母は反対。育てられるの?二人とも聞こえない」
とホワイトボードに不安な気持ちを書く。

 

 

一方彩加も
「この子はこんなに可愛いのに、妊娠がわかったときはあんなにうれしくて。なのにだんだん不安なきもちになっちゃって…」
と「仕事もみんなに迷惑かけちゃうし、でもどうしても…」
と加江(松岡茉優)に泣きながら打ち明ける。

 

この二人の抱える問題に本人たち、サクラたちはどう向き合っていくのか?

 

 

コウノドリ第1話の感想

 

とうとう第2シーズンがはじまりましたね。

 

コウノドリを見ると、自分が出産してよりリアルに想像できるようになりました。
今回のテーマも障害とお産、仕事とお産でしたね。

 

これは、だれしも考える問題ではないでしょうか?