奥様は取り扱い注意 第3話あらすじと感想「〜ママ友〜」

奥様は取り扱い注意 第3話あらすじと感想〜ママ友〜

奥様は取り扱い注意 第3話 あらすじとちょっとネタバレ

 

伊佐山菜美(綾瀬はるか)は、養護施設で育った。
誰も自分のことを迎えには来てくれない、里親にもらわれていくこともない。
そんな自分は強くなるしかないと心に決めた。

 

そして、12歳にして養護施設のボスとなる…

 

 

 

専業主婦となった現在。
友人の優里(広末涼子)と京子(本田翼)と映画に行っていた菜美。
その帰り道、男子学生がカツアゲしている現場に遭遇する。
菜美はカツアゲをやめるように注意するが、
「うるせぇ、ばばぁ!」
と言われ、菜美はキレる。
襲い掛かってくる男子高校生を次々となぎ倒していく!

 

 

そんな様子を物陰に隠れてみていた相良理沙(小野ゆり子)。
菜美が学生を倒す様子を隠れてスマホで撮影していた。

 

その翌日。
理沙は家を出てきた菜美の後をつける。

 

しかし、菜美にすぐに見抜かれてしまう。

 

理沙は、
「やっぱりただものじゃない!!」
と食い気味で菜美に矢継ぎ早に質問する。
そして、理沙は菜美に突然喧嘩の仕方を教えるように頼む。

 

菜美が理由を尋ねると、理沙が息子の幼稚園のママ友である清水貴子(青木さやか)からいじめられているのだと話す。
しかも貴子はもともと女子プロレスラーだったらしく体格がいい。
いつもびくびくしてしまうので、貴子と堂々と物が言えるよう強くなりたいと言う。

 

菜美はその場では返事をせず、考えさせてくれという。

 

その夜、菜美は夫の勇輝(西島秀俊)に理沙のことを相談した。
勇輝からはできるだけ相談に乗ってあげるようにアドバイスされる。

 

 

翌日、菜美は理沙のところに行き、喧嘩の仕方を教えてあげると伝える。
それには条件があり、それは「喧嘩をしないこと」だった。

 

 

その翌日からトレーニング開始。
競技場のトラックを走ることから始めるが、理沙はすぐに根を上げる。
菜美はそんな理沙に「息子に、わたしはあなたのために70メートルしか走れなかったって言える?」と鼓舞する。

 

そしてトレーニングを重ね、15回目ともなると、理沙は菜美に遅れをとらず走れるようになっている。
腕立て伏せも10回をクリアし、ミットうちも様になってきている。

 

 

 

そのころ、貴子の自宅。

 

別居している夫が帰ってきていた。
「僕は優柔不断で弱い人間だから、君の強いところに惹かれた。生活を営むということは、正しくて強いだけではだめなんだ」
と言って、荷物をもって出て行ってしまう。

 

 

翌日。
貴子と取り巻きの主婦たちが歩いていると、理沙が通りかかる。
理沙は貴子達ににこやかに挨拶をして去っていった。
それを見た貴子達は驚く。
「どこか雰囲気が変わった?!」
貴子は取り巻きの主婦に何が起きているのが探るよう命令する。

 

 

ある日、スーパーで菜美が買い物をしていると、貴子が話しかけてくる。
「あんたただものじゃないでしょ?何を企んでいるの?」
と菜美を挑発してきた。
そんな貴子の挑発をスルーした菜美。

 

 

貴子はイライラが止まらない。
「毎日仕掛けていきましょう」
と、取り巻きのママ友に理沙への圧力をもっと強くしていこうと言い出した。
しかし、取り巻きのうち二人の主婦が「もうこの辺でやめよう、これ以上はできない」と言い去っていった。

 

 

貴子の周りにいた取り巻きの主婦たちはいなくなり、ひとりになった貴子…

 

 

理沙が自転車に乗って走っていると、角から突然貴子が出てきて理沙を突き飛ばした!!

 

 

 

理沙は貴子のせいで腕を骨折してしまうが、不注意で転倒したと嘘をつく。
ことを大きくして、怒りや憎しみの連鎖に巻き込まれたくないという。
せっかく菜美に簡単には折れない心をもらったから、耐えてみせるのだと言う。

 

菜美は
「たまには折れてもいいんだよ」
と理沙に声をかける。

 

 

そしてその夜、菜美は貴子と直接対決するのだった。

 

 

奥様は取り扱い注意 第3話 感想

 

ママ友のいじめって陰湿で嫌ですよね。
家庭とか育児でのいらいらも込められているぶんたちが悪いなと思いました。

 

今回は青木さやかがママ友でしたが、ほんとに元プロレスラーみたいで笑ってしまいました。
いかつすぎる!!

 

菜美の秘密がばれそうで今回もばれませんでしたね。
夫には、ボクシングジムのトレーナーだったってことになってしまいましたが…
どんなふうにばれるのか、楽しみですね。

 

 

奥様は取り扱い注意の第1話からみることができます!

奥様は取り扱い注意!