ドラマ「奥様は取り扱い注意」第4話あらすじと感想〜菜美が子作り?!〜

ドラマ「奥様は取り扱い注意」第4話あらすじと感想〜菜美が子作り?!〜

ドラマ「奥様は取り扱い注意」第4話あらすじと感想〜菜美が子作り?!〜

 

ドラマ「奥様は取り扱い注意」第4話あらすじ

 

中学生のとき伊佐山菜美(綾瀬はるか)は、不良になった。
菜美は親のいない子たちとともに、カツアゲされている男子生徒を助けたり、痴漢の犯人をこらしめたりしていた。
そしてこののち某国家の特殊工作員になるのだった…

 

 

現在、菜美は普通の主婦として生活している。
同じ町内で隣にすむ友人の優里(広末涼子)と京子(本田翼)とともに、同じく町内の美佐子(星野真里)の家で開かれている読書会に参加している。
読書会の途中で、美佐子の小学生の息子の悠斗が帰ってきた。
悠斗は、とてもいい子で菜美にもなついている様子だった。

 

 

その日の夜。
菜美は、夫の勇輝(西島秀俊)とジェンガをしながら話をしている。
菜美は、悠斗をみて可愛いとおもったと言い出し、そろそろこどもを…と切り出した。
しかしその瞬間、勇輝はジェンガを倒してしまい、そのままその話はうやむやになったのだった。

 

 

一方、美佐子の家では、真夜中に美佐子の夫の光雄(古谷隆太)が電話をしている。
美佐子がみていることに気づくと慌てて電話をきった。
仕事がうまくいっていないとまるで言い訳をするかのように美佐子にいう。

 

 

次の週の読書会の日になり、菜美たちが美佐子の家のインターフォンを押す。
美佐子は家から出てこない。
インターフォンから急遽読書会を中止にしてほしいので、ほかの人にも連絡をお願いしたいと菜美達に頼んできた。

 

それを聞いた菜美は、
「美佐子さんが体調が悪いからってお休みの連絡を怠る人なの」
と、もう一度インターフォンを押す。
「何か困ったことが起きてるんじゃないですか?私たちが助けます!」

 

すると、美佐子がやつれた表情で出てきて
「悠斗が、誘拐されたんです…」
と三人に伝えた。

 

 

美佐子の話では、郵便受けに携帯電話が入っていて、そこに脅迫文が書いてあったのだという。
脅迫の内容は
「息子を誘拐した。明日の夕方までに一億円用意しろ。警察に通報したら息子を殺す」
だった。

 

 

そうしていると夫の光雄が帰ってきた。
「お前が送り迎えしていれば!」
と美佐子を責めたてた。
そして、身代金をかき集めるのだと言い書斎にこもってしまった。

 

 

一方そのころ、金持ち風の大きな一軒家。
キッチンでホットケーキを焼いている秀人(柾木玲弥)。
ソファのところに二人の男。
3人とも大学生のようだった。
焼きあがったホットケーキを物置にもっていく。
手足を縛られ目隠しをされた悠斗がいたのだった。

 

 

その日の夕方、悠斗の家庭教師の真純(佐野ひなこ)が誘拐のことを知らない様子で悠斗の家にやってきた。

 

すると突然犯人からメールが届いた。
「さっき家に入っていった家庭教師の女を身代金受け渡し役にする」
菜美は犯人はこの家を見張っていることに気づく。
しかし、見張っているならなぜ自分たちが出入りしていることを、何も言わないのかと疑問をもつ。

 

 

光雄は身代金を1億集めることができず、7000万で許してほしいと犯人にメールする。

 

メールを受け取った犯人たち。
「我が子の命を値切るなんて許せねえな」
と話す。
秀人は悠斗をちょっといじめてくると言って、物置に向かっていった。
物置にいくと眠っている悠斗の目隠しが外れかかっていた。
秀人は悠斗に顔を見られてしまったかもしれなかった。

 

あせった秀人は電話をかける。

 

真純の携帯がなる。
真純は実家の母からといい家の外にでて電話とる。
電話の相手は秀人だった。
悠斗に顔をみられたというと、こどもの記憶力はあてにならないから計画通りに進めろという。
身代金も7000万で手を打つように言う。

 

その様子を見ていた菜美は、犯人が見張っているのに外で電話ができるのはおかしいと真純のことを怪しむ。
菜美は真純と光雄の様子や会話から、二人が不倫関係にあると見抜いた。

 

 

部屋にもどってきた真純の瞳孔が開いていることに気づいた菜美は、真純にとって何か想定外のことが起きているのだと察した。
そのことで悠斗の命が危ないかもしれないと気づき、自宅に戻ると言って悠斗の家を出る。

 

そして菜美が向かったのはあるクリーニング店。
そこの女店主が「生きてると思った、あんたが死ぬわけないもんね」といい、クリーニング店の奥へ案内した。
その隠し部屋のようなところにはたくさんのパソコンがあった。
どうやら彼女はハッカーのようだった。
町内の防犯カメラをしらべ、悠斗を誘拐した車のナンバーを突き止めた。
そこから、悠斗が誘拐されている家を探し当てた。

 

菜美は犯人の居場所を突き止めやってきた。
菜美は大学生たちを次々となぎ倒す。

 

そして物置のところにいた秀人をノックアウトし、悠斗の無事を確認しもうすこし我慢してねと頭をなでる。
3人の犯人を縛り上げ、警察に近所の者を名乗り子供の泣き声がしていると通報した。
警察がかけつけ、悠人は無事救出されたのだった。

 

 

そして、真純も逮捕された。
真純は、以前に光雄との間にこどもを身ごもっていた。
しかし、産むことができず、そのはらいせに今回の犯行にいたったと白状したのだった。

 

 

ドラマ「奥様は取り扱い注意」第4話感想

 

菜美がすんでいる町は裕福なおうちが多いみたいですね。
今回の菜美の推理にはちょっと無理がある気がしました。
瞳孔が開いてるって(笑)

 

まあでも、アクションシーンがかっこよかったのでよしとします。

 

京子や優里の家にもなにかしら問題があるみたいですね。
菜美も子作りに触れてましたが、勇輝はジェンガを倒してごまかしてましたね。
やっぱり何か秘密があるのかな

 

奥様は取り扱い注意の第1話からみることができます!

奥様は取り扱い注意!