ドラマ「民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜」第1話あらすじと感想、ちょっとネタバレ

ドラマ「民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜」第1話あらすじと感想、ちょっとネタバレ

ドラマ「民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜」第1話あらすじとちょっとネタバレ

 

 

佐藤智子(篠原涼子)はあおば市の団地に夫の公平(田中圭)と保育園に通っている息子の駿平(鳥越壮真)の3人暮らしだ。
裕福ではないが、幸せな生活を送っている。

 

智子も公平も、理不尽なことには黙っていられないという性格をしている。
そのため、智子はコールセンターで仕事をしているがマニュアル通りにできない。
智子はコールセンターを辞めることに。
公平も同じバイト仲間をかばって仕事を首になってしまった。

 

 

その夜。
智子はパソコンで仕事探しをしている。
テレビを見ながらしていると市議会議員という言葉が耳に入ってきた。
智子は何となく市議会議員と検索する。
するとそこには、智子の住んでいる市の議員当選率が80%と書いてあったのだ。

 

当選率と議員の給料を知った智子は市議会議員になると大興奮。
公平にもそう伝え、ふたりで意見は合致。

 

 

翌日、智子は公平と一緒に銀行に行く。
市議会議員選挙に出馬するためには、供託金の50万円が必要なのだった。
佐藤家の貯金額とほぼ一緒。
公平はやはりやめようかと迷う。
智子はここで意を決して貯金を下ろす。

 

二人は50万円をもって選挙管理委員会に出向き立候補するための手続きを行った。
選挙グッズをもらい、表にでると選挙カーがいた。
選挙はすでに始まっており、ほかの候補者は選挙活動を行っている。

 

 

演説を行っていたのは磯部真蔵(笹野高史)だった。
智子たちが磯部の演説を聞いていると、磯部はうそつきだという声が聞こえてくる。
その声の主は、駿平の通っている保育園のママ友の平田和美(石田ゆり子)だった。

 

智子は和美に声をかける。
そして、智子が選挙にでると伝えると和美は残念な人を見るような目でみて去っていった。

 

 

智子も演説をしようと場所どりをした。
そうしていると、選挙カーがやってきた。
そして、智子がいるのに無視して応援演説を始めだした。
選挙にでるのは、藤堂誠(高橋一生)。
応援演説者が藤堂の家柄や学歴などをほめちぎる。

 

 

それを聞いていた智子はなにか吹っ切れたかのように演説を始める。

 

「私は高校中退です。だから17歳の時から必死で頑張って働いてきました。
時給950円で幸せなんだって自分に言い聞かせて頑張ってきたんです。
うちの息子は、卵焼きをステーキだと思って食べてるんです。
自分より下の人をみていれば大丈夫だって思ってました。
でも、それっておかしくないですか?
時給950円の生活を知らないやつが国民の生活を語るな!
本当に幸せになりましょうよ!」

 

 

そう、智子は幸せで満足しているかのように見えていたのだが、もっと幸せになりたいという思いを隠し持っていたのだった。

 

その演説を聞いていた和美は、その晩、智子の家にやってきた。
そして、智子の選挙を応援させてほしいと言ってきたのだった。

 

 

選挙活動のことを何も知らなかった智子は、和美にいろいろ教えてもらい、ママ友やSNSを使った活動を行っていった。
その活動は順調で、智子はどんどん人気が高まっていった。

 

一方、市議会議員の最大派閥の犬崎派のボスである犬崎和久(古田新太)は、その様子を快く思っていない。
磯部は犬崎派だった。
犬崎にどうにかしろと言われ、磯部は裏工作を行ったのだった。

 

 

磯部がした裏工作は、SNSへ智子が育児放棄をしていると書き込みをさせたり、選挙ポスターに落書きをさせるという卑怯なものだった。
しかも、仕事を辞めている智子が息子を保育園に通わせ続けていることを虚偽申請だと責め立てた。

 

 

それを聞いていた智子は反論する。
「まずは謝らせてください。この街では、仕事をやめた途端、保育園をやめないとならないって知りませんでした。
開き直って言わせてください。そんなのおかしくないですか。
仕事をいつやめさせられてもおかしくない人もいるんです。
そんなのおかしくないですか。おかしいルールは、変えていくしかないんです」
自分を応援してくれたのはママ友で、みんな能力のある人だった。
でもこんな世の中だから働けないのはおかしいと訴えた。
それを変えていくために政治家になりたいんだと話した。

 

 

そして、選挙の日。

 

和美やママ友たちが智子の家に集まっている。
残り1議席…

 

 

 

智子は当選することができたのか?!

 

 

 

ドラマ「民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜」第1話感想

 

ドラマ「民衆の敵」始まりましたね!
篠原涼子はいくつになってもきれいですね。

 

今回の月9は恋愛話はなさそうですね。
素人政治家がこれまでの政治をぶった切るドラマかな。
主婦目線なので、共感できることも結構あるかも。
第2話も楽しみです。

 

 

見逃した人はFODでみれますよ

FODプレミアム(31日間無料)新規入会