ドラマ『奥様は取り扱い注意』第7話あらすじと感想、ちょっとネタバレ

ドラマ『奥様は取り扱い注意』第7話あらすじと感想、ちょっとネタバレ

ドラマ『奥様は取り扱い注意』第7話あらすじと感想、ちょっとネタバレ

 

ドラマ『奥様は取り扱い注意』第7話あらすじとちょっとネタバレ

 

伊佐山菜美(綾瀬はるか)は、上京しチャペルアテンダントの仕事にをしていた。
ある日、ある結婚式。
男が銃で新郎を狙っている。
菜美はそれに気づき、銃を奪い男を捕らえた。
新郎はある国家の情報機関の人間だったのだ。

 

 

菜美の主婦友である小野寺友恵(霧島れいか)は菜美と大原優里(広末涼子)と佐藤京子(本田翼)を自宅に招いた。
友恵はチェロを弾きもてなした後、三人にある人物を探してほしいと依頼してきたのだった。

 

 

友恵は菜美が探偵事務所で働いていたという噂を聞いたという。
菜美が以前ついた嘘が町内に広まっているようだった。

 

 

友恵は余命半年と宣告されていると言い出した。
友恵は大学生のとき4年間付き合っていた元カレの上原幸平(渋川清彦)を探してほしいと依頼してきた。
幸平と別れた後、収入のいい今の旦那と結婚し安定した生活を手に入れたのだった。

 

余命先行をされ、自分のやり残したことを考えたとき、一番に思いついたのが元カレの幸平のことだった。

 

その帰り道。
優里は友恵の気持ちが分かるといい、京子は元カレには会いたくもないと言う。。
菜美は、幸平について情報収集するから待機していてほしいと頼んだ。

 

 

その夜。
夫の勇輝(西島秀俊)が帰宅すると突然明日から5日間福岡に出張になったと菜美に伝えてきた。

 

 

一方、友恵の家では夫が体調はどうだと聞き、お互い取り乱さずにやっていこうと友恵に言うのだった。
そして友恵にチェロを弾いてほしいという。

 

 

優里は、合コン日にちが決まった、来るよね?とママ友から連絡が来ていた。

 

京子は、夫の渉(中尾明慶)が寝ているあいだに、携帯をこっそり見ていた。

 

 

翌日、菜美は友恵に呼ばれて自宅にいった。
幸平の本名と生年月日、つきあっていた当時の住所だけを情報提供してくれた。
これだけだと探すのに時間がかかるかもしれないと菜美は答えた。
友恵は1週間探してもらって、見つからないならあきらめるという。
1週間後、化学療法がはじまるのからだった。

 

 

菜美はかつての仕事仲間の経営するクリーニング店を訪れる。
クリーニング店の奥には小雪(西尾まり)の裏の仕事場があった。
菜美は小雪に幸平の居場所を調べてほしいと頼んだ。

 

 

菜美は優里と京子に幸平のことは知り合いの探偵に頼んでいると報告した。
突然、京子が旦那が浮気しているかもしれないという。
携帯をみたら渉と同じ職場の寺西という女性が「今日の残業は?」とか「残業お疲れ様」というやり取りをしていた。
そのやり取りが残業についてのみなのだという。
残業がデートの隠語なのではないかと怪しんでいるのだった。

 

 

優里が家に帰ると夫の啓輔(石黒賢)がまた出歩いていたのかと不満そうにいう。
そして節度を守って遊ぶよう優里に注意するのだった。
伊佐山さんが引っ越してきてから町が騒がしくなったという啓輔。
それを聞いた優里は気を悪くし、あの子はいい子だと啓輔に反論したのだった。
そして、優里は合コンに参加すると返事を送ってしまった。

 

 

幸平がみつかった。
小雪の調べた情報では、幸平はこの10年で13回住所を変えているという。
以前、出資法違反を犯し、それ以降転々としているという。
菜美は出資法違反で捕まった後も同じような詐欺を働いているのではないかと予想した。

 

 

菜美は幸平の自宅にいき、幸平を喫茶店に連れ出した。
おちゃらけた様子の公平に、菜美は友恵の余命があと半年ということを伝えたのだった。
そして、2日後に会いにくると言い残して、去っていった。

 

 

菜美は友恵に、幸平が見つかったことを伝えた。
友恵が幸平に会いたいのは復讐したいのかと聞くと、幸平のことは恨んでいないと答える。

 

すると友恵が旦那さんとなにをはなしているかと菜美に聞いてきた。
菜美は、出来事や休みに何をするかなどと答えた。
くだらなことでもいいからたくさん話しておいたほうがいい、それが積み重なって財産になるんだと菜美に伝えた。

 

 

夜。
菜美は勇輝の電話を心待ちにしている。
勇輝から電話がかかってくると、速攻で電話にでる。

 

菜美は友恵の話を思い出し、好きな音楽はなに?と質問をする。
勇輝は古いジャズと答えながら、夜景をみている。
窓の外にはレインボーブリッジが…

 

 

翌日。
優里は合コンに参加するためにおしゃれなイタリアンレストランに来ている。
優里は隣の席にすわった安西(小関裕太)と仲良くなり連絡先を交換した。

 

離れた場所から横溝健(玉山鉄二)がみていた…

 

 

そして2日たち、菜美が幸平に会いにいく。
すると怪しげな男たちに幸平が連れていかれるところだった。
今日だけ幸平を貸してほしいと菜美は頼んでみたが、当然相手は聞き入れてくれない。
そして、菜美は男たちをあっという間に片づけたのだった。

 

 

菜美が公平を連れてレストランに行くと、友恵と優里、京子がレストランでまっていたのだった…。
そして友恵は自分の思いを幸平に伝える。

 

 

 

ドラマ『奥様は取り扱い注意』第7話感想

 

今回の話では、自分を偽って生きてきた主婦友が主人公でしたね。
偽って生きているというと、菜美達3人もそうなのかもしれません。

 

友恵の様子をみて何か思うことがあったかもしれませんね。

 

そして、勇輝が何か秘密をもっていることが明らかになりましたね。
最終回にむけて、その話も徐々にでてきそうですね。
楽しみです!

 

 

奥様は取り扱い注意の第1話からみることができます!

奥様は取り扱い注意!